ecoPayz (エコペイズ) 登録方法 スマートフォンの場合

ecoPayz (エコペイズ) 登録方法 スマートフォンの場合

登録方法や入出金方法をご紹介します。

エコペイズの説明
口座の開設方法
口座のアップグレード方法
・Eメールアドレスの認証
・セキュリティの質問設定
・本人確認のための必要書類の提出
エコペイズへの入金方法
・クレジットカード入金
・国際銀行振込による入金
エコペイズからの出金方法
・国際送金方法
・ecoCard(エコカード)を使用する
・ecoVirtualcard(エコバーチャルカード)を使用する

ecoPayz公式ホームページ

https://www.ecopayz.com/ja/

ecoPayz (エコペイズ)

ecoPayzとはセキュリティ抜群、そして完全性の高い決済方法にシンプルに管理を行える電子通貨の一種です。
最優秀賞カードデザイン賞を受賞した二種類のプリペイドマスターカードが、即入出金可能で、ほぼ全てのカジノで利用する事ができます。

ecoPayzを使うと何が出来るの?

入金が楽に出来る!
クレジットカードでの入金が可能です!
カジノで勝った金額をATMで現金として出金!
更に、ecoPayzでは、「ecoカード」と言う全国で使えるプリペイドマスターカードを発行することができ、ecoアカウントと連携され、オンライン上またはマスターカードを取り扱う店舗で利用できます。

口座の開設方法

ecoPayzを使うため、まずは自分のecoPayz口座を作ってみましょう!
これはインターネット上の銀行口座みたいなものですが、作るのは簡単です!

①ecoPayzのホームページにアクセス。
ここをクリックして、ecoPayzのホームページに行ってください。ecoPayzのアプリもあるので、ダウンロードしておいても便利です。

「今すぐ登録」をクリックします。

③「アカウント情報」を入力しましょう。

下記に書き方や入力情報について説明してありますので、そちらを参考に全て入力しましたら「続行」をクリックしてください。

【アカウント情報】

ユーザー名 登録名を設定しましょう。
(※ 変更はできません、必ず管理できる登録名を入力ください。)
パスワード 登録パスワードを入力しましょう。
(※ 半角英数字で入力してください。)
パスワードを確認 登録パスワードを再入力しましょう。
(※ 半角英数字で入力してください。)
Eメールアドレス 登録メールアドレスを入力しましょう。
生年月日 生年月日を選択しましょう。
国名 「日本」を選択しましょう。
通貨を選択 希望の通貨を選択しましょう。
表示されている文字を入力してください 左に表示されている番号を入力してください。
(※ 分かりづらい場合は、番号の右側にあるをクリックすると番号が変わるので、他の番号で確認しましょう。)

④「個人情報」を入力しましょう。

下記に書き方や入力情報について説明してありますので、そちらを参考に全て入力しましたら「アカウントの作成」をクリックしてください。

【個人情報】

名前 名前を入力しましょう。
苗字 苗字を入力しましょう。
番地 丁、番地、通り、の順に入力してください。
ビル名 / ビル番号 マンションまたはアパート名を入力してください。
市町村名 市、町、村、の順に入力してください。
都道府県名 都道府県名を入力してください。
郵便番号 郵便番号を入力してください。
(※ ハイフンを入れて、数字を入力してください。)
携帯電話 日本の番号の「+81」を選択してください。市外局番の最初の「0」を抜いて、全ての番号を入力してください。(※ 数字のみ入力してください。)
言語 「日本語」を選択しましょう。

あっという間に、口座の出来上がりです!

口座のアップグレード方法

アカウントを開設された際は、クラシックアカウントとなっていますが、3つの項目を行う事で、シルバーアカウントへとアップグレードできます。

1.セキュリティの質問設定
2.Eメールアドレスの認証
3.本人確認のための必要書類の提出

ecoPayz口座アップグレードする理由

入出金限度額が増える。
クレジットカードやデビットカードなどの登録カード枚数が増やせる。
ランクによって手数料や待遇も良くなる。
(参考URL:https://www.ecopayz.com/ja/fees-limits/ecoaccount)

更に上のランク (ゴールド、プラチナ、VIP) へのアップグレードを希望の方は、ecoPayz のカスタマーサポートまで確認しましょう。
ecoPayz日本語カスタマーサポートのメールアドレス:customersupport@ecopayz.com

それでは、アップグレードまでの手順を説明していきます。

ログイン後、アカウントの管理の下にある「無料アップグレード」をクリックしてください

まずは、Eメールアドレスの認証を行いましょう。
再び、「無料アップグレード」をクリックしてください。

「Eメールアドレスを認証してください。」をクリックしましょう。

登録メールアドレスに認証メールが送信されましたので確認しましょう。

メール本文の中にある「Eメールアドレスを確認してください。」のボタンをクリックしましょう。これにて、Eメールアドレスの認証が完了です!

次に、「セキュリティの質問の設定」をクリックしましょう。

下記手順に沿って、セキュリティ質問の設定を行っていってください。

パスワード 登録パスワードを入力しましょう。
セキュリティの質問を選んでください 該当する質問を選びましょう。
セキュリティの質問の回答 上記で選んだ質問に対し、答えを入力しましょう。

「セキュリティの質問」はパスワードを忘れた際に、入力する必要がありますため、管理を十分に行いましょう!

入力情報に間違いがなければ「アップデート」をクリックしてください。

それでは、最後のステップ本人確認書類をアップロードしましょう!

※両方にチェックマークがついている事を確認しましょう。
ついていない場合は、上記のページに戻り、方法を確認ください。

「今すぐアップグレード」をクリックしてください。

書類の種類の注意点を確認しよう!

「リストAの身元の証明」と「リストBの住所の証明」の両方から各1つずつ、2つの書類が必要になります。

書類の用意が出来ましたら、「次へ」をクリックしてください。

リストAとリストB対象の書類をアップロードしましょう!

各リストに対し、「選択」をクリックし、書類を選択しましょう。

無事、選択できましたら、「次へ」をクリックし、書類の提出を行いましょう。

ポイント

「後で書類をEメールする」をクリックする事により、Eメールに添付の上での書類の提出が行えます。

無事、提出が出来ましたら、書類の確認・審査のため、1-2営業日待ちましょう。

書類の確認が終えましたら、ecoPayzサポートから確認のためのメールが、ご登録メールアドレス宛に届きます。
※再提出との詳細の場合は、アップロードまたはEメールにて添付の上、再提出が必要となりますので、書類はできるだけ丁寧に撮影しましょう。

全ての書類に問題がなければ、アクントのアップグレード完了の通知が届き、ecoPayzアカウントがシルバー(Silver)アカウントへとアップグレードされます!

エコペイズへの入金方法

ecoPayzには、三種類の入金方法があります。

クレジットカードによる入金

・即時入金が可能です。
・手数料がかかります。
手数料詳細はこちらを参照ください。https://www.ecopayz.com/ja/fees-limits/ecoaccount
・お持ちのクレジットカードの種類によっては、入金できない事もございます。

国際銀行振込による入金

・自身の銀行口座から直接入金が可能です。
・入金まで数日かかる可能性があります。

代替通貨入金

このマニュアルでは、クレジットカードと銀行振込からの入金方法を説明していきます。

クレジットカード入金

①アカウント入金の下にある「入金」をクリックしてください。

「クレジットカード/デビットカード」をクリックしてください。

③クレジットカード情報を入力してください。

※入金先アカウントは、お金を入れたい、自身のエコペイズ口座を選択してください。

全て入力したら、「次へ」をクリックしてください。

④カード情報の確認ページに飛ぶので、間違いが無ければ「確認」をクリックしてください。

※ご利用のカードによって、認証画面が表示される場合があります。クレジットカード会社に登録しているパスワードを入力し、【送信】をクリックすることで入金手続きが進みます。

⑤以下、画面が表示されたら、入金完了です!

国際銀行振込による入金

①アカウント入金の下にある「入金」をクリックしてください。

「国際銀行入金」をクリックしてください。

③どの口座に入金をするのか選択して「次へ」をクリックしてください。

④振込先の情報が表示されるので、その情報をもって銀行窓口から振込手続きを行いましょう。1-4営業日ほどで、ecoPayz口座に反映されます。

エコペイズからの出金方法

ecoPayzには、三種類の出金(使用)方法があります。

国際送金方法

・銀行口座への国際送金にて、出金が行えます。
・銀行側での確認書類の提出が必要となります。
・送金にかかる手数料は別途必要となります。
・送金の度に手数料が発生します。

ecoCard(エコカード)を使用する

・ecoPayzが発行しているデビットカードのことです。
・マスターカード利用店で利用できます。
・ATMから直接引き落とせます。
・最大3枚、ユーロ、ポンド、米ドル通貨のカードを発行できます。

・クレジットチェックや銀行口座は必要ありません。

ecoVirtualcard(エコバーチャルカード)を使用する

・ecoCard(エコカード)のカードレスタイプです。
・1回使い切りの使い捨てカードとなります。
・個人情報や財務情報のいずれかを表示せずに、オンラインショッピング等に利用できます。

上記からお好みの出金・使用方法を選びましょう!

国際送金方法

海外送金で出金を行ってみましょう!

①出費と引き出しの下にある「引き出し」をクリックしてください。

②振り込み銀行先のデータを入力しましょう。

下記に書き方や入力情報について説明してありますので、そちらを参考に全て入力しましたら「次へ」をクリックしてください。

【銀行口座情報】

支払い方法名 後に、分かりやすいように、取引に名前をつけましょう。
(※ 半角英数字で入力してください。)
受取人名 自身の名前を入力しましょう。
(※ 半角英数字で入力してください。)
銀行口座番号/IBAN 送金先の銀行口座番号を入力しましょう。
通貨 使用している口座通貨を選択しましょう。
支店コード 送金先の銀行の本店または支店コードを入力しましょう。
(※ 半角英数字で入力してください。)
コルレス銀行 コルレス銀行(Correspondent Bank)は外国に送金する際に、中間地点となる銀行の略称です。
入力する必要はありません。

【入力注意点】

入力情報は全て半角英数字で行ってください。
出金申請額に選ぶ通貨を間違えないようにしましょう。
細かなローマ字など分かりづらい時は銀行のページを見て確認しましょう。
本店または支店コードは異なるため、銀行のホームページまたは銀行に問い合わせましょう。

③入力情報に間違いがなければ、完了です!

送金先銀行への着金には7営業日ほどかかります。(※ 土日祝日は含まれません。)

ecoCard(エコカード)を使用する

ecoCardを申請しましょう!

①出費と引き出しの下にある「ecoCard」をクリックしてください。

②カード通貨を選択し、「アカウントに進む」をクリックしましょう。

※イメージ画像はパソコン版です。

③申し込みが承認された場合は、ecoPayzからメールが届くのでそちらを確認しましょう。

※3週間以内に、ご登録住所にカードが届きます。

④郵送物(ecoカード)が手元に届いたら、カードを有効化させましょう。

出費と引き出しの下にある「ecoCard」をクリックし、ステータスの「アクティブ化待機中」をクリックしてください。

※イメージ画像はパソコン版です。

⑤カードの番号末尾4桁と生年月日を入力し、「次へ」をクリックしてください。

⑥セキュリティの質問に答えてください。

⑦ご登録メールアドレス宛てに、1回のみ使用可のコードリンクが届くので確認してください。
リンクをクリックすると4桁のPINコードが表示されます。(30秒間だけ有効)
※ecoCardをATMでの出金の際に必要となるPIN(パスワード)なので、大事に保管しておいてください。

これで、エコカード有効化完了となります!

ecoVirtualcard(エコバーチャルカード)を使用する

ecoVirtualcardを申請しましょう。ecoVirtualcardの発行申請はとてもシンプルです!

①出費と引き出しの下にある「ecoVirtualcard」をクリックしてください。

「カードを獲得」をクリックしましょう

③引き落とし先(自身)の口座の情報を確認しましょう。

④選択先が間違っていなければ「続行」をクリックしてください。

⑤申請情報を確認し、「承認・確定する」をクリックしてください。

⑥すると、注意喚起のメッセージが出ます。

※注意※
必ず第三者が見れない状況である事を確認しましょう!
情報漏洩は自己責任です。

⑦自分だけが見れる事を確認したら、「承認・確定する」をクリックしてください。

すると、一度限り使用できる、ecoVirtualcardが発行されます!

オンライン上や電話上でのお買い物時に是非、使ってみましょう!
(※ecoVirtualcardでお買い物する際は、何を何時買ったかなどをメモしておくと、後日自身にて詳細が分かりやすいのでお勧めします!)

ecoPayzのご利用方法は以上です。
その他ご質問ございましたら、ecoPayz日本語カスタマーサポート(メールアドレス:customersupport@ecopayz.com)までお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です